RFOG+GPON ONU Quad-plexer Transceiver

製品概要:

RFoG + GPON ONUクアッドプレクサートランシーバーは、ギガビット対応のパッシブ光ネットワーク(GPON)用に設計されています。クアッドプレクサーは、バーストモード光送信機、連続モード光受信機、バーストで構成されており、モードRFリターントランスミッターとアナログCATVフォワードレシーバーです。また、デジタル送信機は、1310nmDFBレーザーダイオードと統合バーストモードレーザードライバーを使用し、非常に小さなバーストの有効化/無効化遅延時間を実行するように設計されています。さらに送信機には、打ち上げを維持するための自動電力制御(APC)回路と自動温度制御(ATC)回路0〜 + 70℃の動作ケース温度での光パワーと消光比があります。デジタルレシーバーは、統合された1490nmAPDフォトダイオードとプリアンプを一緒に取り付けて使用し、受信機の信号検出ステータス(アクティブハイ)を示す機能を持っています。さらに送信機には、自動パワーコントロール(APC)回路により、動作中の起動光パワーと消光比は0〜 + 70℃の温度を維持します。RFリターントランスミッターは、1610nmDFBレーザーダイオードとバーストモードレーザードライバーおよび制御ループを使用し、非常に小さなバーストの有効化/無効化遅延時間を実行するように設計されています。さらに送信機には、自動パワーコントロール(APC)回路により、起動光パワーを動作ケースの0〜 + 70℃温度以上に維持します。アナログCATV受信機は、1555nmPINフォトダイオードと高性能RF増幅器を使用しています。入力光パワーに対して出力実効電圧レベルを維持する自動利得制御(AGC)回路-6dBm〜 + 2dBmの範囲で、出力の傾きを維持するためのスペクトラムバランスネットワーク(SBN)回路が含まれており、54MHz〜1002MHzの広帯域です。クアッドプレクサーは、デジタルシリアルI2Cインターフェースを介したデジタル診断および制御機能を備えています。

特徴・機能:
  • Single Fiber Quad-plexer
  • 1.25Gbps data upstream /2.5Gbps data downstream
  • 5~42MHz RF signal upstream/54~1002MHz CATV analog signal downstream
  • Burst mode transmission with 1310nm DFB laser
  • Continuous mode digital receiver with 1490nm APD-TIAvv
  • Burst mode CATV return path transmission with 1610nm DFB Laser
  • Analog CATV receiver with 1555nm InGaAs PIN detector
  • +3.3V / +12V power supply
  • LVPECL compatible data input
  • CML compatible data output
  • LVPECL transmitter burst-mode control
  • LVTTL I2C DDM interface
  • LVTTL TX_SD and RX_SD
  • Soft Enable/Disable TX
  • Fully RoHS Compliant
  • All metal housing for superior EMI performance
  • Excellent ESD/TVS protection
  • 0℃ to 70℃ operating temperature
  • 1×20 Pin and 2”×2.25” Package
  • SMB RF output connector
  • Real time monitoring of: Temperature Supply voltage Laser bias current Transmitted optical power Received optical power Video Received optical power RF Output level