新製品のご紹介 LightComm社製コンバイナ

コンバイナ:高出力ファイバレーザーの構成部品の一つ
高出力の為発熱の問題が大きい→レーザーが不安定になる可能性あり。

LightComm社製コンバイナの特徴
1.独自の放熱設計
2.7年の製作実績。融着作業の安定性による高品質・高信頼性
3.生産能力が高い(コンバイナ1K/日)
4.コストパフォーマンスが高い(競合の2/3~1/2)

 

コンバイナ製作時のポイント
1.ファイバ処理:DCファイバにUVコートをする
2.接着剤:低反発性、信頼性、硬化等
3.ファイバ引っ張り:温度、スピード、溶融等
4.ファイバを引っ張る際の保護:張力、保護、クリーニング等
5.パッケージ:防水加工
6.内圧放出:温度サイクル
7.信頼性:温度サイクル(-40℃~+85℃)100~500サイクル
8.ダンプヒート:60℃、湿度80%
9.テスト:IL、Pump効率等

製品ラインアップ
1. Nx1 Combiner
2. (N+1) x1 Combiner
3. PM (N+1) x1 Combiner
4. Active fiber (2+1) x1 Combiner

・LightComm社では2005年よりPump Combinerの開発を開始。
開発を始めて7年の実績あり。

お問合せは㈱エース・オプトまで

カテゴリー: ニュース, ニュースリリース   パーマリンク

コメントは受け付けていません。